【先行掲載】FOOMA JAPAN 2022(国際食品工業展)

長瀬産業株式会社 排水、排ガス処理、脱炭素技術の提供による環境ソリューション



ブース中央には排ガス処理システムの排気口を模した展示物を配置した

当社は、多種多様な工場の課題解決による社会価値と経済価値の向上を目指して活動している。今回、排水、排ガス処理、脱炭素の三つの環境ソリューションを紹介した。

2019年末にNAGASEグループに加わった株式会社アイエンスの高効率散気装置「アクアブラスター」、特殊脱臭装置「デオライザー」を展示。「アクアブラスター」は特徴的な構造を有し、油分およびSS分の破砕や酸素溶解効率を上昇させ、処理性向上を実現する。「デオライザー」に内蔵されている特殊スクリーンは、水膜形成による高効率な脱臭効果や、交換が容易で優れたメンテナンス性を発揮することで、工場の臭気問題とランニングコスト低減に貢献する。工場の脱炭素を後押しするサービスとして、株式会社ゼロボードによるCO2排出量算出・可視化クラウドサービス「zeroboard」、オプテックス株式会社によるIoT水質データ監視システム、日本カーボンマネジメント株式会社による省エネルギー診断技術を取りそろえた。

当社は、工場の環境課題解決を通して、顧客と共に新しいビジネスを創出し続ける。

株式会社アイエンス アクアブラスター
株式会社アイエンス デオライザー
オプテックス株式会社 水質測定機器

現場の声

長瀬産業株式会社  スペシャリティケミカル事業部
スペシャリティ第一部 環境ソリューション課 課統括 井上 亮 (いのうえ りょう)氏


環境ソリューション事業は新規事業に当たり、日々新たな課題が見つかりその解決に奔走しています。一方、新規事業を創造する面白みも感じています。また、NAGASEグループの取引先が抱える課題を解決した結果、取引先の企業価値向上に貢献できることに、メンバーはやりがいを感じてくれています。近い将来、多くのメンバーがチームに加わり、当社の一つの事業となるように育てていきたいと思っています。今後も当社の目指す姿に共感してくださるパートナー企業を発掘し、それら企業と協業して、より多くの取引先の課題を解決できるよう取り組んでいきます。

【先行掲載】FOOMA JAPAN 2022(国際食品工業展) 誌面のダウンロードはこちら